「視覚障害者マラソン&ウォーキング練習会・阿波を共に走る会」規約

第1条(名称)

 この会の名称は、「視覚障がい者ランニング&ウォーキング練習会・阿波を共に走る会」(以下、「本会」という)とする。

 本会の略称は、「あわとも会」もしくは「あわとも」とする。

 

第2条(所在地)

 本会の所在地は、会長の居住する住所地をもってその所在地とする。

 

第3条(目的)

 本会は、一人で走ることに支障のある視覚障がいランナー&ウォーカーのランニング&ウォーキングライフを

 支援するとともに、会員相互の親睦、交流を図ることを目的とする。 

 

第4条(活動内容)

 本会は、第3条に定める目的を達成するため、次の活動を行う。

  ①視覚障がいランナー&ウォーカーの日常練習やレースにおける伴走&伴歩とこれらに関する支援活動。

  ②伴走&伴歩ボランティアの育成に関すること。

  ③視覚障がいランナー&ウォーカーの拡大に関すること。

  ④会員の親睦、交流に関すること。

  ⑤類似団体との交流に関すること。

  ⑥その他本会の目的達成に必要なこと。 

 

第5条(会員)

 1.本会への加入は、下記の要件を満たす者で会長が承認した者とする。

  ①第3条に定める目的及び本会規約に賛同し入会を希望する者。

   ※伴走&伴歩ボランティアはボランティア活動保険の加入を必須とする。

     視覚障がいランナー&ウォーカーは傷害保険(スポーツ安全保険等)に加入することが望ましい。

 

第6条(脱退及び脱退命令)

 1.会員が本会から退会を希望する場合は、会長又は副会長へ脱退の意思を伝えることにより、

   いつでも、任意に脱退することができる。

 2.下記のいずれかに該当する場合、役員会の判断に基づき会長は、該当する会員に対し、

   強制的に脱退を命ずることができる。

  ①本会規約、内部規定に違反した者。

  ②本会会員に対する宗教や商品等の執拗な勧誘行為等、迷惑行為を行った者。

  ③反社会的行為、犯罪、マナーに違反する行為等、公序良俗に違反する行動を行った者。

  ④正当な理由なく長期間連絡不能になった者。

  ⑤その他本会の運営目的、設立背景に照らし、本会の会員であることが望ましくないと判断される者。

 

第7条(役員)

 1.本会に次の役員を置く。役員は総会で選出する。任期は、1年とし、再任を妨げない。

  ①会長   1名

  ②副会長  2名

  ③監査役  1名

  ④会計   1名

 2.各役員の職務は次のとおりとする。

  ①会長は、本会を代表して会を総括し、会議を招集し議長を決める。

   会長は、意思決定を要するときは、副会長、監査役、会計及び会員の意見を聴くように努めなければならない。

  ②副会長は、会長を補佐し、会長に事故のある時はこれを代行する。

  ③監査役は、本会の活動および資産の状況を監査する。

  ④会計は、本会の会計事務として現金や預金通帳の管理、資産の把握を行う。

 

 

第8条(会議)

 1.本会に次の会議を置く。

  ①本会の会議は会員で構成する総会と役員で構成する役員会とする。

  ②総会は最高の議決機関で、定期総会を毎年一回開催する。ただし、会長または

   会員の3分の1が必要と認めた場合は臨時総会を開くことができる。

  ③役員会は総会に次ぐ議決機関とする。

  ④総会および役員会は会長が招集し、議長は会長が行う。

 2.各会議の議事については、次に事項を記載した議事録を作成する。

  ①日時及び場所

  ②構成員総数および出席者数

  ③審議事項

  ④議事の経過概要及び議決の結果

 

第9条(議決)

 1.総会は、次のことを議決する。

  ①事業報告、決算、事業計画、予算の決議および承認に関すること。

  ②役員の選任に関すること。

  ③会則の改正に関すること。

  ④その他、会の運営に重大な影響を及ぼすこと。

 2.役員会は、次のことを議決する。

  ①総会に提案する事項に関すること。

  ②その他会の運営に必要な事項に関すること。

 3.各会議は、それぞれの定数の過半数の出席で成立し、議決は出席者の過半数をもって決する。

   ただし、可否同数の場合は、議長の決するところによる。

 

第10条(会費)

 1.年会費及び入会費はこれを徴収しない。

   但し、会員間の親睦を深める目的として、役員から使途を明示し、

   臨時的に任意での費用の負担を求めることを妨げない。 

   また、各活動時においては参加者全員による「実費等分負担」を原則とする。

 

第11条(資産)

 1.本会の資産は次に掲げるものをもって構成し、会長が管理する。

  ①寄付金品

  ②その他の収入

 

第12条(事業報告書及び決算)

 1.会長は、毎活動年度終了後、速やかに活動報告書、収支計算書を作成し、監査を経て総会の承認を

   得なければならない。

 

第13条(活動年度)

 1.本会の活動年度は、毎年4月1日から翌年3月31日とし、会計年度も同様とする。

 

第14条(免責事項)

 1.本会活動中(移動中を含む)において生じた事故、遭難その他一切の事故については、各自の自己責任とし、

   本会及び会長、副会長、監査役、企画におけるリーダー等はいかなる責任も負わないものとする。

   

第15条(本会規約の改定)

 1.本会規約は、総会において出席者の承認を得て改定するものとする。

 

第16条(守秘義務)

 1.会員は 本会の活動により入手した個人情報を無断で第三者に開示・漏洩させてはならない。

 

第17条(個人情報の取扱い)

 1.本会は、会員への連絡および家族への緊急連絡のため、会員本人より本人と緊急連絡先の家族等の氏名、携帯電話

番号等の個人情報を収集し会員名簿を作成する。

 2.会員名簿の作成は役員が行い、連絡時に役員のみが閲覧可能とする。収集した個人情報および作成した名簿は、

   不正アクセス、紛失、漏洩等が発生しないよう役員が適切に管理し、本人の同意がない限り第三者には提供しない。

   但し、本会の活動の告知など、会の発展に関する業務に利用する目的において、会員個人を特定出来ない形に加工し

   た統計資料等を作成することができる。

附則

本会規約は本会の総会開催年月日である「2017年7月2日」より施行する。

本文終わり